後藤はつのCollection

こちらのページの作者「赤倉ワクイホテル7代目」涌井大輔です

はじめまして。私、新潟県妙高市赤倉温泉にあります、赤倉ワクイホテル7代目・涌井大輔と申します。こちらのページは私の祖父のお姉さんにあたる、「後藤はつのおばあちゃん」の油絵をご紹介するページです。2013年9月1日で「110歳」を迎えました。103歳の9月、生まれ故郷の妙高高原で初めて個展を開き9日間で2660人もの皆様にお越しいただきました。2回目の昨年は1週間で3200人もの方にお越し頂きました。
2011年9月お預かりしている絵画を赤倉ワクイホテル館内に全て展示させていただくこととなりました。(詳細は下記をご覧ください。)
73歳から絵を描くことをはじめたおばあちゃん。是非、ご家族のおじいちゃん・おばあちゃんにもこちらをお見せいただき、「私もがんばらなくちゃ!」とおばあちゃんの元気が少しでも皆様に伝われば幸いです。それではごゆっくりご覧くださいませ。

はつのおばあちゃんのプロフィール

はつのおばあちゃん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はつのおばあちゃんは明治36年、新潟県妙高高原赤倉温泉・東風館(現 赤倉ワクイホテル)に生まれ、妙高山の麓の山里で少女時代を過しました。

 

当時東風館は旅館のかたわらお豆腐作りもしており、そのおぼろ豆腐を岡倉天心さんにもお届けしていたというエピソードも。そのとき天心さんからいただくお駄賃(お菓子)がうれしく、妹たちを連れて通ったそうです。(岡倉天心さんは、はつのおばあちゃんが11歳の時に赤倉温泉の別荘にて亡くなられました。) 8人兄弟の長女、妹6人、弟1人。東風館(現 赤倉ワクイホテル)の5代目は6番目の弟となります。

 

20歳で結婚。
絵を始めたのは73歳の時でした。きっかけは長男の 『年をとって何もしないとボケちゃうよ、絵でもやったら!』という一言。 それまでは絵を描いた経験もなく、最初は戸惑いながら近くにあった絵画教室に通い、絵の手ほどきを受けるうちに、描くことが楽しくなり、油絵に熱中するようになりました。しかし、一時は家族と一緒に海外へ赴くことになり、習い始めた絵も中断再び絵筆を握ったのは帰国後、80歳になってからでした。はつのおばあちゃんが主に描くのは、ふるさとの懐かしい風景や凧揚げ、スキー、お祭り、柿もぎといった子供時代の思い出です。『絵を始めてからは、昔のことがいろいろ、それも鮮明によみがえってくる。今はそれが描きたくて仕方がない』とはつのおばあちゃんは言います。 カンパスの上に再現された思い出の数々は、細やかな描写と鮮やかな色づかいで、いずれも見事な出来栄えです。はつのおばあちゃんは年末の現代童話展に出品するために、毎年必ず100号の大作に挑戦してきました。カンパスに向かう はつのおばあちゃんは元気そのもの。 気分が乗ると、昼頃から夕方まで半日近くもほとんど立ちっぱなしで、絵を描くこともあったそうです。2017年5月逝去。

 


おばあちゃんの略歴

1903年  0歳  赤倉温泉に生まれる (涌井はつの)
1976年  73歳 油絵を始める
1986年  83歳 現代童画展 新人賞 受賞
1988年  85歳 現代童画展 会友佳作賞 受賞
1995年  93歳 NHK人生これから 出演
1999年  96歳 現代童画展 文部大臣奨励賞 受賞
2002年  99歳 NHKひるどき日本列島 出演
2005年  102歳 5月 後藤はつの 100号展 (銀座ナイン於)
2006年  103歳 9月 後藤はつの ふるさと100号展 (妙高高原メッセ)
2007年  103歳 6月 16日間 アメリカ西海岸旅行
2010年  106歳 5月 16日間 ニューヨーク旅行
2010年  107歳 9月 後藤はつの絵画展 (妙高高原メッセ)
2011年  108歳 10月 ニューエルダーシチズン大賞の 大賞を受賞
2012年  108歳 3月 原田泰治美術館に作品展示
2012年  108歳 5月 スカイツリーにのぼりました


 
トップメニュー 赤倉ワクイホテル 絵はがき販売